シギの見分けは難しい



シギはどれもよく似ている。



b0367008_15350938.jpg




シギの仲間ってことは判別できましたが、

初めての出会いなんで

何鳥かはサッパリ、識別できずにいました。


そんな時は日本の野鳥識別図鑑の「 ひげじい 」先輩の知識を借りて


でた答えは・・・






オバシギ




b0367008_15352540.jpg




ひげじいの見立て




一見エリマキシギの幼鳥によく似ていますが、次の特徴からオバシギの夏羽と思われます。


①嘴はほぼ真っ直ぐで頭長よりも長い


②胸に黒色班が密にあり黒帯状になっている


③横長の体形で足は短め


④肩羽に赤褐色の羽毛がある


⑤脇には黒色班があるが、腰は白くて無班



大きさは恐らく26-28cm位で、脚の色は黄褐色、黄緑または灰緑色のいずれかだったと思います。




僕もいろいろ調べてみたのですが・・・・141.png


他の鳥を観察していたら、サァーっと飛んできて

すぐに東の方へ飛んで行った。


b0367008_15353991.jpg




ゆっくりと観察させてくれなかったけど

オバシギと識別できてblogにあっぷできました。やれやれ

ひげじいありがとー







おしまい








by futaminotako | 2017-04-14 17:00 | オバシギ | Comments(2)
Commented by ひげじい at 2017-04-14 19:07 x
まだ他の写真が色々あったんや!たった1枚の写真だけ見せられての判定は勇気がいったけど、飛び去る姿の腰(尾羽の上のあたり)が無班で白いので「オバシギ」確定です。やれやれ。
Commented by futaminotako at 2017-04-14 19:24
気を使わせてゴメンね。流石!ひげじい見る所が違いますね。ありがとうございました~。
<< 魚は魚屋で買って下さい。 飛びカモメの練習 >>