友ヶ島沖のオオアジ



僚船のトンビ船長のお誘いで


久しぶりに和歌山県友ヶ島沖に遠征。


港に9時集合、船底が汚れているので


船速が落ちるものの、大阪湾はベタ凪で順調に南下。



b0367008_21162469.jpg




2時間弱で到着


b0367008_21144816.jpg




到着とほぼ同時に爆釣タイムに入り

短時間で30Lのクーラー2個を満杯にして・・・と

筋書通りにいくはずもなく、泣きが入りかけたその時!!


トンビ船長がやってくれました。


b0367008_21150742.jpg



これは自己最長記録







2m60cmの









b0367008_21152994.jpg



ほぼ新品のアルファタックルの船竿とシマノのリールのセットを


50メートル底から釣り上げました。


沈んでからすぐに回収したみたいで

キズ1つありません。


リールのラインがすべて出きっていたので

なぜ船から竿が落ちたか、想像できました。



実績のあるポイントや、漁礁、かけあがりを根気よく攻めましたが


釣果は 2人でオオアジ 35cmを3匹と小鯛 1


口きれのバラシが数回と厳しかったです。



b0367008_21154271.jpg





こんな日もよくあるので・・・・





b0367008_21200552.jpg



隣町の火事の煙を見ながら17時30分 帰港。





晩御飯に1匹を刺身にしましたが


プリプリのコリコリで美味しかったです。?








トンビ船長お疲れ様でした。



おしまい












by futaminotako | 2017-05-28 22:45 | オオアジ | Comments(2)
Commented by ひげじい at 2017-05-29 14:17 x
へ~、新品の竿とリールを釣り上げるなんて幸運もあるんですね~。セットが高いのか安いのか、最近の道具に疎い私にはわかりませんが、面白いお話でした。
Commented by futaminotako at 2017-05-29 14:52
> ひげじいさん
竿とリールとラインで4万以上すると思います。落とし主さま、ありがとうございました。
<< 初夏のアシ原 三脚座交換しました。 >>