岸壁真下でパタパタ





撮って出し、ノートリミングで。


b0367008_17371949.jpg






b0367008_17373272.jpg



明石鯛の稚魚を見つけて近寄る


b0367008_17374571.jpg



飲み込むかなと思いましたが、


b0367008_17380018.jpg



嘴に挟んだだけでした。

死肉はお口に合わなかったみたいです。


b0367008_17381589.jpg






b0367008_17383038.jpg



もう少し左側から撮りたかったパタパタ


b0367008_17384768.jpg
b0367008_17385951.jpg
b0367008_17391347.jpg
b0367008_17393177.jpg
b0367008_17394821.jpg
b0367008_17401357.jpg
b0367008_17403065.jpg
b0367008_17404793.jpg
b0367008_17410183.jpg
b0367008_17411548.jpg
b0367008_17413150.jpg
b0367008_17414558.jpg
b0367008_17420307.jpg
b0367008_17422535.jpg
b0367008_17424770.jpg
b0367008_17430315.jpg





Sさん、Mさんお世話になりました。

これでウミスズメ卒業できそうでーす(^^)v

と言っておいて他に鳥さんもいないので

港へ行ってしまいそうです。104.png














つづく





by futaminotako | 2018-07-25 18:30 | ウミスズメ | Comments(6)
Commented by 118d0924 at 2018-07-25 18:55
こんばんは
初めてコメントさせていただきます
私も数年前にウミスズメを撮影した事がありますが
遠くてハッキリと分からない写真ばかりでした
こうして間近で撮影されているお写真を拝見すると
真っ黒の目や小さなくちばしがとても可愛くて魅力的ですね
死んだ魚はくわえた時に分かるのですね
鳥影の薄い時期なので私もこんな可愛い子がいたら
何度も通ってしまうと思います(*^^)
Commented by futaminotako at 2018-07-25 19:33
> 118d0924さん
こんばんは、コメント有難うございます。
私もこんなにも近くで撮影できるとは思ってもいませんでした。
初見でこれだけ撮らせてくれるとは感謝感激、小さな海鳥が潜水し飛ぶように
泳ぐ姿は大きく迫力がありました。生きた小魚の捕食の瞬間は見ていませんが
小魚の群れに突っ込んで行く姿は見ていて飽きません。
当地に長期滞在してほしいと思う反面、はぐれた仲間に早く合流してと
願ってやみません。ありがとうございました。
Commented by ノリ at 2018-07-25 20:34 x
こんばんは
初めてコメントさせていただきます
神戸新聞社の者です^^;
素晴らしいウミスズメの画像ですねって
今日あの後にこんな素晴らしいシーンがあったのですか?^^;

素晴らしい画像ばかりで羨ましいです。
今から他のページも見させていただきます。
今日は色々とお世話になり感謝感激です。
ありがとうございました。

Commented by ひげじい at 2018-07-25 21:31 x
futaminotakoさん、至近距離からのとても貴重な生態写真のオンパレード、見ていて飽きません。知りたかった足の形もはっきりわかります。ここまでくると最後に見てみたいのは飛び立つ瞬間の水面滑走。せっかくなので、卒業はもう少し先にして、その一瞬をとらえてくださいね!
Commented by futaminotako at 2018-07-25 21:33
> ノリさん
コメント有難うございます。
惜しかったねー、僕も用事を済ましてから再度行ってしまいました。
時間経過とともにバーダーさんの数も減って、クライマックスの時は5,6人でしたよ。
岸壁を走って追いかけ、先回りしできた人が順光で撮れるって感じでした。この距離なら
望遠レンズなんて必要ナシ。ノリさんもお忙しいとは思いますが、頑張って下さいね。
くれぐれも、須磨海水欲情で望遠レンズを振り回さないでね。神戸新聞に載るで。(笑)
Commented by futaminotako at 2018-07-25 21:55
> ひげじいさん
コメント有難うございます。
今日はサービス満点、ブログにはアップしてませんが、潜水時に脱糞した写真もありました。
太い胴回りに対して翼が小さい様に感じます、飛び立つまでかなりの距離を滑走するんで
しょうね。ひげじいも懲りずにどーぞ。
<< 波打ち際のトウネン 船溜まりで潜水ウミスズメ‐Ⅴ >>