カテゴリ:カリガネ( 3 )

まだいたカリガネ



5日の夕方、まだいました。
いっぱい楽しませてくれたので
感謝の気持ちを込めて撮らせていただきました。
127.png


b0367008_19325274.jpg

オオバンにヘッドパッドを正確にきめ
その後、噛みついたりして暴れてました。

b0367008_19330296.jpg

羽繕いも時間をかけていました。

b0367008_19331203.jpg



b0367008_19332153.jpg



b0367008_19333298.jpg



b0367008_19334323.jpg



b0367008_19335648.jpg


b0367008_19340739.jpg



b0367008_19341900.jpg


b0367008_19343076.jpg


b0367008_19344130.jpg


b0367008_19345118.jpg


b0367008_19350045.jpg


いつ旅立つのか心配やなぁ~。




つづく






by futaminotako | 2019-04-06 22:15 | カリガネ | Comments(0)

カリガネ-Ⅱ



長期滞在中のカリガネ


昨年11月16日の初見以来で額の白色が以前より
かなり鮮明で目立つようになっていました。

b0367008_17185861.jpg


採餌場で待つこと1時間
時間通りに飛んできてくれた。

b0367008_17184403.jpg




b0367008_17182937.jpg




b0367008_17181675.jpg




b0367008_17180541.jpg




b0367008_17175264.jpg




b0367008_17174036.jpg




b0367008_17172435.jpg




b0367008_17171397.jpg




b0367008_17170340.jpg




b0367008_17165453.jpg


初見の時と比較
成鳥の額は白色が頭頂部まで及ぶとか

b0367008_17164530.jpg




b0367008_17163084.jpg




b0367008_17161853.jpg




b0367008_17160729.jpg



目が合いました。113.png








つづく


by futaminotako | 2019-01-09 19:00 | カリガネ | Comments(0)

雁金





16日夕、連絡を受け到着した時は
ため池横の畑にカルガモ数羽といました。

曇り空&迫りくる日没でしたが
約90分間、感激しながら押しまくりました。

113.png113.png113.png 


通行人に驚いてカルガモが飛ぶと
釣られてカリガネも


b0367008_18364636.jpg


付近上空を何周かして帰ってきました。


b0367008_18365678.jpg



日本産ガン類中、最小の種で
成鳥は全体に暗褐色、嘴は鮮やかなピンク色。
嘴基部から額にかけて白色部があり
眼の上にまで達し、眼の周りは黄色いアイリングがある。


b0367008_18370511.jpg



足はオレンジ色、幼鳥は額の白色部がないか、
あっても小さく、腹の黒帯もない。


b0367008_18371218.jpg



少数が渡来しマガンやヒシクイの群れに
混じると北海道野鳥図鑑に書いてありましたが
こんなにも近くで観察できるとは驚きです。


b0367008_18373018.jpg



人通りが途絶えたタイミングで
植え込みの隙間から畑に移動


b0367008_18374031.jpg



通行人に驚いてため池へ飛び込む。
落ち着いて採餌もできないみたいです。


b0367008_18375062.jpg



そしてまた陸に上がって餌場へ移動


b0367008_18380016.jpg



餌といっても雑草?しかない畑
栄養は足りているのか心配です。


b0367008_18380934.jpg

(食性は植物食)なので、要らぬ心配でした。


日没前まで2500以上シャッターを切った


b0367008_18382092.jpg



で、今日も9時30分からカリガネちゃんに会いに行くと
すでに三脚が横にずらっと並んでいました。


b0367008_18383410.jpg



距離も遠く短時間で引き上げてきました。


b0367008_18384316.jpg


漢字名  雁金・雁・雁音

羽衣  雌雄同色、夏冬同色

環境省RDBで絶滅危惧IB類に指定


万葉集や俳句には雁(かり)が音(ね)と詠まれた歌が非常に多く
その中で柿本人麻呂歌集よりひとつ(楽しい万葉集参照)

雲隠り雁鳴く時は秋山の
黄葉片待つ時は過ぐれど~♪

検索したら山ほど出てきます

以上


K姐さんありがとうございました。144.png





つづく



by futaminotako | 2018-11-18 12:00 | カリガネ | Comments(0)