タグ:プチ旅行 ( 6 ) タグの人気記事

2019-北海道スペシャルⅡ 天売島最終日



天売島最終日


時間の許す限り探鳥しました。


b0367008_14285476.jpg



道路沿いの樹で囀っていました。


b0367008_14291016.jpg



足環付きのノゴマ


旅館の犬くん


b0367008_14292470.jpg



前浜ではこんな感じの波でした。


b0367008_14295083.jpg



フェリー航路上で浮かんでいる

夏羽の海鳥、この波でうまく撮れるか心配だ。





ウミガラスの繁殖地には行けなかったけど

島で繁殖する8種類のうち7種類も見れた。



b0367008_14283853.jpg






b0367008_14300006.jpg





旅館の2階に掛けてある額が気になったので

聞いたところ、萬谷旅館のご主人が

只者ではないことが分る。



b0367008_14310526.jpg




萬谷旅館の皆さまに感謝です。



b0367008_14311651.jpg





b0367008_14312743.jpg



乗船後は荷物を2等客室にほり込んで

荒れる甲板でシブキを避けて

羽幌港までの90分間、海鳥を探し続ける。


すると、運よく夏羽オオハムが撮れた。



b0367008_14293310.jpg


天売~焼尻間の航路上です。

その先、羽幌まではウトウやケイマフリのみ

最後の最後まで粘ったかいがありました。



宣伝


2羽のコマドリが羽幌で観れますよ

年老いたメスですが・・・129.png


b0367008_14305450.jpg




106.png





比較的天候にも恵まれ

ゆっくりと流れる島の時間を

満喫できたと思います。


島での過ごし方や時間配分など

分らないことだらけでしたが

次回は持ち込む装備を厳選して

荷を軽くして行こうと思います。


144.png


最後までお付き合い下さり
ありがとうございました。

今日は移動のみ
小樽で2泊する予定です。







つづく




by futaminotako | 2018-05-15 16:30 | 北海道スペシャル | Comments(0)

2019-北海道スペシャルⅡ 天売島3日目




天売島3日目


定置網漁の見学に誘われ

夜明けとともに前浜漁港を出港



b0367008_06430187.jpg




萬谷旅館のご主人です。



b0367008_06431573.jpg




(現地の標準語)での会話が飛び交う。


b0367008_06440193.jpg




中央が萬谷旅館です。


b0367008_06432622.jpg



ヤリイカ大漁でした。


この後すぐに浜に降ろしてくれて

次の予定、「ケイマフリ号」に備えます。


b0367008_06424974.jpg



部屋から漁が見れます。







当初、前浜漁港からの出港が

波がある為、天売港からに変更。


同じ宿のNさん、札幌のお姉さんと私の3名

船長の寺沢さん、ガイドさんの計5人で出ました。


が・・・


波があり、赤岩まで行けそうにないと判断

残念ですが、ケイマフリ中心に切り替え

堪能してきました。



前日のレクチャーではカメラの設定とかは

一切説明や指導はなく、各自の自由

ビデオを観たあと探鳥に関する注意とかが

中心のレクチャーでした。





ウミウ

b0367008_09072538.jpg






b0367008_09083450.jpg




ヒメウの巣



b0367008_09080928.jpg




足環付きのオオセグロカモメも



b0367008_09082251.jpg






b0367008_09075250.jpg



綺麗なシノリガモ


b0367008_09071328.jpg




ケイマフリ



b0367008_09073710.jpg






b0367008_09070165.jpg




教訓その1


調子に乗って望遠側ばかりで撮らない。

景観が素晴らしいので是非~。



帰港後は朝食のあと9時からガイド付き探鳥へ

リクエストした野鳥を中心に案内が始まるけど

時間も時間ですし、簡単には出てくれない。


撮影できた野鳥は

アリスイ、クロジ、コマドリ、ミソサザイ

一瞬だけ見た野鳥

クロツグミ、オジロワシ

ムシクイ類など




お昼前に宿に帰ると今度は

ウミスズメの調査でボートを出すとの事で

私とNさんを乗せ、2時間近くもポイントを

巡りましたが、空振りに終わる。


その後、自転車を返却しに港へ

ロンババの浜からフットパスを歩き

17時まで探鳥してヘロヘロに疲れた。


夕食は皆さんとは別室で

Nさんと2人、アワビが付いたものでした。

同じ関西からなんで、楽しい夕食となりました。



明日は午前のフェリーで帰るので

朝食まで探鳥するとして早めに寝る。



明日は荒天になる予報ですが、


104.png欠航!欠航!しても結構でーす。













つづく
















by futaminotako | 2018-05-15 12:30 | 北海道スペシャル | Comments(0)

2019- 北海道スペシャルⅡ 天売島2日目



9日、天売島2日目 



夜中の1時に目が覚めて

ファンヒーターを点けて部屋を暖める。

寝覚めの酒を一口飲んで

また布団にもぐり込む。


4時前から明るくなってきたので日の出を撮る



b0367008_19254316.jpg



200-500mm F5.6 一脚使用

当然ながら情けない写真に・・・



b0367008_19261724.jpg




朝食までの3時間で、お寺コースから山に入り

フットパスを歩いてみました。


アカハラ、ノゴマ、ヒガラ、シジュウカラ

ルリビタキと薄暗い森で出会い

アリスイが気持ちよく囀っていました。

※写真は後日UPします


朝食後、港で自転車を2日間借り

赤岩展望台や海鳥観察舎へ

途中からダラダラと上り坂が続き、

自転車を押して登る。



高さ48mの赤岩

b0367008_19263067.jpg



ごらんの様に鳥は留守。



展望台から海面を良く見ると


b0367008_19295519.jpg



ケイマフリに混じってウミガラスが1羽浮かんでました。


113.png


クロップで換算約1000mm

ピントが合わずボケてますが、

ウミガラスが撮れました。



b0367008_19294358.jpg



ゴマフアザラシ



b0367008_19264282.jpg



海鳥観察舎から断崖絶壁の景観


足元には無数のウトウの巣穴があり

絶壁にはヒメウ、ウミウが繁殖する。


144.png


16時から「海の宇宙観」でレクチャーを受ける。

明日の参加者は3名、船長とガイドさん含め5名。




今夜は「ウトウの帰巣」を観察しに行くので

17時30分から夕飯です。



b0367008_19265675.jpg




参加者はガイドを含めて3人

ゆっくりと静かに観察できて良かったです。



b0367008_19271329.jpg


撮影しやすい様に投光器

ここでの光源はこれだけです。

b0367008_19272374.jpg



コンデジ撮影 キャノンS-120


b0367008_19273464.jpg






b0367008_19275295.jpg




頭上にジェット戦闘機みたいな鋭い羽音で

次々と帰巣してくる様は圧巻でした。



b0367008_19280286.jpg




シャープな画像は期待してもムリかな。


その他、この場所で

オオジシギの鳴き声が良く聞こえた。



明日4時過ぎから定置網漁を見せてもらうので

帰って速攻で布団にもぐり込む。




152.png152.png152.png



漁師は朝が早いのだ。









つづく~。






















by futaminotako | 2018-05-14 23:00 | 北海道スペシャル | Comments(0)

2019- 北海道スペシャルⅡ 天売島1日目



GW明けの7日から6泊7日の予定で

海鳥の楽園、天売島や

お気に入りの小樽なえぼ公園など


マジメに探鳥してきましたので


ご報告させていただきます。144.png


神戸空港利用では、当日中には

天売島に渡れない為、札幌市内で1泊し

翌日の10時発「特急はぼろ号」で羽幌へ

車窓からの田園風景や日本海を眺めていたら

3時間なんてアッというまに過ぎていきました。



b0367008_13565409.jpg


14時のフェリーに乗船し、天売島までの90分間

船上から夏羽の海鳥をと頑張ったのですが



b0367008_13570963.jpg

こんな状況ではとても難しいと判断し

2等客室で到着まで仮眠。152.png




港には旅館のご主人が車で迎えにきており

「ウトウの帰巣ウオッチング」は明日の夜とし、

夕飯の時間まで宿の近辺を散策すると伝える。



おや~? 

宿を出てすぐにコシアカツバメ。


b0367008_14104833.jpg


オオセグロカモメ



b0367008_13591410.jpg


明後日に予約を入れた「ケイマフリ号」も係留されていました。



b0367008_13590431.jpg


短時間の散歩でしたが、

至る所でノゴマやアリスイの囀りが聞こえ

特にノゴマはスズメより多い?と思えるぐらいです。




b0367008_13592976.jpg


宿は萬谷旅館、部屋はこんな感じです。



b0367008_13573704.jpg


部屋から海鳥を間近に観察できます。



b0367008_13575321.jpg

シノリガモの♂♀


b0367008_13584530.jpg


ウミウの飛翔



b0367008_13583771.jpg

ウミネコ、オオセグロカモメは勿論のこと、

日本中で天売でしか出会えないウミスズメを

居ながらにして部屋から観察できる宿です。



b0367008_13581144.jpg

前浜漁港の白灯台

その先には焼尻島


3夜連続、絶品の海の幸


b0367008_13594959.jpg

連泊なんで煮付けが唐揚げに変化したり

アワビのお刺身が出てきたりと海鮮三昧。


特に漁師のご主人が定置網で捕ったヤリイカは



絶品です!

103.png

8時30分、寝酒には「国稀大吟醸」


明日は4時起床、朝食まで探鳥予定。


こんな感じで天売島初日は無事終了です。



癒されるなぁ~











つづく~




※ 野鳥の写真は後日、個別にUPします。








by futaminotako | 2018-05-14 18:30 | 北海道スペシャル | Comments(2)

訪ねる価値アリ!


日曜日、嫁いだ娘に会いに福山へ行ってきました。


鞆の浦の鷗風亭に宿泊、厳選したこだわりの食材と

瀬戸内海で水揚げされた旬の魚(小魚を中心に)と美味い地酒

久しぶりに酔っ払いました。





b0367008_20371629.jpg




小雨がやんだので、ぶらり散策に


b0367008_20373375.jpg

夕方で薄暗く、観光客が帰ったあとの街並みは

さらにノスタルジックな雰囲気だ


b0367008_20375093.jpg


古来からの歴史ある港町

このレトロな景観に癒されます



b0367008_20380777.jpg



港町にはネコが似合う。

  暗くなってきたので探すのに苦労したのに、

この汚い場所から出てきてくれない。


b0367008_23055116.jpg




残念だ・・・。



おしまい







ちなみにお酒は 「 天寶一 」おすすめです!




by futaminotako | 2016-11-28 23:26 | 鞆の浦 | Comments(0)

最後かも長崎

2016年3月24日~26日のこと

娘の卒業証書授与式の日で長崎にいました。

思い出は腹の中に・・・

江山楼の特上ちゃんぽん、皿うどん

五島うどん、トルコライス、佐世保バーガー、

からすみ、卓袱料理、カステラ、

かんころ餅、よりより、おたくさ、

角煮まんじゅう、海の幸etc


最終日は娘の希望でグラバー園

b0367008_19243798.jpg

b0367008_19244455.jpg

b0367008_19245135.jpg

b0367008_19245698.jpg

b0367008_19250254.jpg

6年間ありがとうございました。長崎サイコー!!


過去の写真で更新してます。ありがとーございましたー。




by futaminotako | 2016-04-19 19:40 | 長崎 | Comments(0)