タグ:釣り人料理 ( 7 ) タグの人気記事

マコガレイの刺身



煮魚にしたら罰が当たりそーなので

気合を入れて5枚下しで刺身に挑戦



b0367008_16591815.jpg




中心に走る側線に沿って包丁を入れ

包丁をねかせて中骨に沿って開いていくと



b0367008_16593189.jpg


ほーら出来た。

綺麗な白身  111.png

b0367008_16594347.jpg



あとは皮を引いて盛り付け完了


b0367008_16595489.jpg




167.png



晩酌が楽しみです。




つづく


by futaminotako | 2018-04-30 19:00 | マコガレイ | Comments(0)

明石ではアマガレイ



GW 2日目



S師匠からマコガレイを頂きました。


船に取に行くと、活け越したのを

シメている最中でした。



b0367008_16255257.jpg



37cm,  940g


ウロコ、内臓をきれいに取って

水けをふき取って冷蔵庫でお休みいただく。

111.png

b0367008_16270014.jpg



以前はこの時期よく狙っていたんですが

鳥撮りに目覚めてからは

釣行回数が減り

益々幻の魚になりました。









つづく


















by futaminotako | 2018-04-29 18:00 | マコガレイ | Comments(0)

焼き鯛に挑戦



昨夜、隣に係留している船長さんから


正月の真鯛を2枚いただきました。


104.png


アナゴ用の細い串しかなかったので

ステンレスの棒を切って(60~70cm)

グラインダーで尖らせて串を作ってみた。


焼き鯛


1枚めは鯛が串から外れ落ち

炭火の中に落ちそうになって失敗。

2枚めでコツをつかんで

少し焦がしたけど

なんとか成功しました。



b0367008_12182300.jpg



鰻の場合、割き3年、串打ち8年、焼き一生

僕はなんちゃって料理人なんで




b0367008_12535445.png






つづくのだ


by futaminotako | 2017-12-30 13:05 | 真鯛 | Comments(2)

秘伝のアレ



お昼過ぎ、西風が少しマシになったのを

見計らって船に仕掛けた籠を引き上げました。



籠2個でアナゴ3匹 104.png


b0367008_17582616.jpg



型は3匹とも40cm程です。

今日は  アレ  を仕込む予定なんで

頭や尾びれ、骨なんかがもう少し欲しかったなぁ~。


b0367008_18001418.jpg



板切れが まな板がわりなんで

割る時に滑って能率が悪い。


b0367008_18003434.jpg



頭と尾びれを串に刺し


b0367008_18011012.jpg



カセットガストーチバーナーで焼いて

焦げ目を付けていきます。


b0367008_18014166.jpg



本みりん、うすくち醤油、料理酒

my計量カップ・・・


b0367008_18012712.jpg



料理酒と本みりんを1対1の割合で沸騰させ

バーナーで火を付け、アルコールを飛ばし、

焼いたアナゴの頭や尾びれなんかを入れ

適当なところで醤油を入れまーす。

砂糖も適当にプラスして

適当な

焼き穴子のタレの完成でーす。


b0367008_18021894.jpg


myガラス瓶(100均)に入れて冷蔵庫へ


b0367008_18015547.jpg




後片付けを完璧にし

匂いも消して作業完了。








つづく






by futaminotako | 2017-12-17 19:45 | アナゴ | Comments(2)

焼きアナゴ


熟練の技や秘伝のタレも

まったく無いので苦労しましたわ。


b0367008_14225345.jpg




昨夜はここまでして寝ました。

152.png


昼前に爺さんが「炭火で焼いたろか~」と

機嫌が良かったので頼むことにし、

串をして準備にとりかかる。



b0367008_14231581.jpg



タレは魚の棚商店街のあなご屋さんの残り物が

冷蔵庫の中から大量に見つかり、これを使って焼くことに。



b0367008_14262057.jpg



焼くと小さくなる。


163.png


途中からこれも焼いてと

サツマイモとカボチャを持って婆さん登場


b0367008_14234511.jpg



最後に一番デカイのを婆さんが焼いてくれたけど

こんなに縮んでしまいショックでした。


次回からは、炭をケチらず

タレも何とかして

せっかくの国産アナゴなんで

完璧に焼き上げたいでーーす。

111.png


で、お味の方は・・・



つまみ食いで小さいのを1匹モグモグ

やっぱ売ってる方が旨いと

感じてしまう・・・



味覚は正直です。


141.png 贅沢やなぁ~





つづく










by futaminotako | 2017-12-10 16:00 | アナゴ | Comments(2)

ラッコも大好き 本荘貝


「釣り船  かどの」さんから本荘貝(ウチムラサキ)をいただきました。


地元ではホンジョー貝といい、昔は港や浜の端っこに貝殻が山と積まれ

よく貝割りなどして遊んだ記憶があります。


b0367008_17383226.jpg


旨いだし汁が出るので煮物や鍋で、また簡単にバター焼きでもそれなりに美味い。

今回は高野豆腐の卵とじでいただきました。


b0367008_17384669.jpg


貝柱やひも、水管は切り開いて塩でもんでヌメリを取りまーす。

ここまでの下ごしらえは僕の仕事でーす。

料理は婆さんがしてくれました。少し濃い味付けで

b0367008_14105038.jpg



高野豆腐の柔らかさと水管のシコシコした食感、うまうま~!



ごちそーさまでしたー。






by futaminotako | 2016-12-09 16:15 | 本荘貝 | Comments(0)

サヨリ


昨日の夕食メニューは

サゴシの味噌漬け&カワハギの刺身にMさんからいただいたカニでした。

爺さんは純米大吟醸を探してますが、僕が飲み干してないのを知らないようだ。

しかたなく、グリーンラベルの発泡酒でやってました。

ところで我が家では、魚料理の下ごしらえは僕が仕切ってます。つーか、やらされます。


今日の明石は冬型の爆風で、魚と出会うことはないと思っていたら

爺さんがサヨリを沢山もらってきたぞ・・・

b0367008_17060913.jpg


20センチ~25センチ級の小型を40匹ほど

しかたなく台所に立つことに・・・干物と天ぷらをリクエストされ

干物はあえてワタを取って目刺しにし

あとは天ぷらネタように開いた。

b0367008_17062204.jpg


全ては美味い酒を飲む為に!! 


ところで、釣りやってるので魚料理には興味があるし、けっこううるさい。

昔買った魚料理本の中で、西潟正人著 「釣魚料理図鑑」てのがあって勉強になります。

その中のサワラのページに

どうせ味噌漬けにするからと、ぞんざいに扱ってはいけない。
刺身にできないから味噌漬けにする、などはもってのほか。
釣り人料理は「魚の旨さ」に助けられていることを忘れてはならない。




まったくそのとーりやと思います。







おしまい





by futaminotako | 2016-11-23 19:20 | 干物作り | Comments(0)